野村正【1,000万円 傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル】方法と口コミは?

■ 会社を休んで、1,000万円の不労所得

 

野村正【傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル】方法と口コミ

 

・朝ベッドから出るのが辛い。
・会社に行きたくない。
・イヤな上司の顔を見たくない。
・パワハラ、セクハラ、ブラック、いじめ、嫌がらせで頭がおかしくなる。
・うつ病や精神疾患で仕事をすることが難しい。

 

そんなあなたは、いくつかの条件をクリアできれば、
4年間、1,000万円の不労所得を得ながら「療養」することが可能です。

 

 

 

【傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル】を購入してみました。

表紙

 

【マニュアルの一部】

テキスト

 

 

■1,000万円の非課税所得

 

このページでご紹介している、野村正さんの
「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」は

 

国で定められた制度を正当に利用して
総額で1,000万円前後の不労所得が手に入るように作られています。

 

その不労所得は「非課税」ですから、まるまるあなたのものになりますし、
このマニュアルを見ることで、あなた自身で簡単に申請の手続きが取れるようになっています。

 

疑い

 

「そんなウマい話があるわけない!」
「そんなにオイシイ話があるなら、みんながやっているはずだ!」

 

そう思っても無理はありませんよね。

 

でも、良く考えてみてください。

 

国や公的機関から、わざわざ「あなたが1,000万円もらえる制度がありますよ」
なんて教えてくれるはずはありません。

 

1000万円

 

国だって、出来ればそんな制度は知られたくないですし、
余計な出費は押さえたいのが現実でしょうから。

 

日本の福祉制度なんてそんなものです。

 

まさに、この1,000円の不労所得は
「知っているか、知らないか」だけの違いなんです。

 

「自分は、うつ病とか精神疾患じゃないから関係ないんじゃ…」
そう思った方も、ひとまず固定概念を捨ててこの先を読み進めてみてくださいね。

 

 

まず、公式サイトをチェックする⇒ 【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】

 

 

◆このマニュアルで明かされている制度を利用することで
1,000万円前後の不労所得を手に入れられる可能性があります。
(非課税所得ですから、そっくり1,000万円があなたのお財布に入ります)
◆FXや仮想通貨のようなギャンブル性のものではなく、公的な制度なので確実性があります。
この1,000万円前後は、条件に当てはまる方には確実に手に入ります。

 

野村正【傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル】の概要

 

うつ病

 

会社に行くのがキツい、
行きたくない、
出来るものなら辞めてしまいたい…

 

それって、すでにうつ病の症状が出ているのかも知れません。

 

「自分はうつ病なんかじゃない!」と思っている方も、
実は心療内科で診察を受けると「うつ病」と診断されることは非常に多いんです。

 

現在、日本ではうつ病患者が100万人、予備軍は500万以上いると言われています。

 

「もしうつ病になったら、仕事なんて続けられない」

 

・・・そんなことを考えると、自分の将来が不安になりますよね。

 

だから、ツラい気持ちにムチを打って会社へ行き、
さらに症状を悪化させてしまう方も少なくありません。

 

上司

 

そんな思いまでして出社していても

会社は、あなたの症状を改善するために何か協力してくれますか?
あなたが健康な生活を送るために上司は協力してくれますか?

 

精神的にまいっている社員に対して
あたたかい手を差し伸べてくれる会社は多くありません。

 

当然、あなたの苦しみを本当にわかってくれる人も多くありません。

 

うつ病は無理を続けた状態で治る病気ではありません。
仕事をしながらうつ病を治す、というのは事実上無理な話なんです。

 

苦しくて辛いのに
あなたは会社に行って、余計に症状を悪化させていませんか?

 

大切なことは、まずしっかりと治療に専念して、
健康を取り戻してから社会復帰することです。

 

気分転換

 

苦しくて、辛いなら、
無理をせず、我慢せずに別の道を探してみるのも一つの手です。

 

現状を変えることに不安を感じるかもしれませんが、
今のままでは自分が壊れてしまう、と感じたら今を変えるしか方法はありません。

 

それは「逃げ」なんかじゃありません。
この先の自分を守るための勇気ある行動です。

 

「でも、治療している間の生活費はどうすればいいの?」

 

正しい手順と知識さえあれば、ほとんど知られていない公的な制度を利用して
およそ1,000万円の不労所得を得ながら、4年間ゆっくりと療養に専念できる方法があります。

 

 

公式サイトをチェックする⇒ 【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】

野村正【傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル】の内容

【マニュアルで解説する3つの制度】

 

A:傷病手当金
B:失業保険
C:障害厚生年金

 

うつ病や精神疾患によって仕事を続けることが困難な場合には、

 

「傷病手当金」
「失業保険」
「障害厚生年金」

 

の3つを合わせて
4年間で総額1,000万円ほどの金銭保証と、充分な休みを手にすることができます。

 

「1,000万円と4年間の休み」です。

 

申請書

 

これらの制度を使うための手続きをすることは
決して恥ずかしいことではなく、
条件に当てはまる多く方が活用している制度ですから、
あなたも安心して利用することができます。

 

「でも、なんの知識もない自分にそんな手続きができるのかな?」

 

この「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」は
ある程度の知識がある人でないと使えないものなのでしょうか?

 

その答えは、NO。
それぞれの制度に関してまったく知識がなくても大丈夫です。

 

制度の説明から手続きまで、
実際の申請のステップの順番通りにまとめてあるので、
読みながら、そのまま作業をマネするだけです。

 

誰でも簡単に読み進めることができ、
申請手続きを行えるようにプログラムされています。

 

野村正【傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル】方法と口コミ

 

そもそも、これらの申請自体は難しいものではないのですが、
多くの人にとって未経験のことですし、
あまり情報が得られないことも不安にさせる原因ですよね。

 

だからといって
職場の同僚や総務部などに気軽に相談出来るようなことでもありません。

 

ネット上で調べてみても
浅い知識や古い知識で書かれているものも多いので、
あまり信用しない方がいいかもしれません。

 


傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」は
平成28年に運用が開始された新しいガイドラインに対応しています。
それ以前に書かれた情報は参考になりませんのでご注意ください

 

マニュアルを読む

 

野村正さんは難しい専門用語もほとんど使わないように工夫していますし、
とてもわかりやすい解説になっているのが大きな特徴です。

 

ツラいメンタルを抱えたまま
難しい専門用語ばかりのマニュアルを読むのは苦痛ですけれど、
この「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」なら大丈夫です。

 

通常は見ることができないような
申請のためのサンプル資料も掲載されているので、とても便利です。

 

正しい知識を持つことは、それだけで価値がありますね。

 

マニュアルに付属している【サンプル資料集】が便利です!

野村正【傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル】方法と口コミ

 

 

公式サイトをチェックする⇒ 【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】

明日は我が身。うつ病は他人事では無い

 

私の知り合いの話をさせてください。

 

介護と仕事の疲れで、
精神的に苦しんでいる仕事仲間がいました。

 

彼女は、仕事も一生懸命、介護も一生懸命と
責任感が強く、頑張り屋でした。

 

ある時から、目に見えて症状が悪くなり、
無断で会社を休んだ時にただ事ではないと感じました。

 

倒れる女性

 

心療内科の受診を進めましたが、
「ちょっと疲れただけ、私には関係ない」と全力で拒否されました。

 

何とか説得し、病院に連れて行った所、
案の定、うつ病と診断されました。

 

野村正さんのマニュアルのことを知り、彼女に勧めてみました。
野村さんのメールサポートなどを利用したところ
休職や障害者手帳の取得方法をていねいにアドバイスしてくれたそうです。

 

彼女自身、病症手当や失業保険など
自分には関係無いものと思っていたそうですし、

 

まして、障害者手帳は、車椅子や失明でもしていなければ、
まったく別世界の話だと思っていたそうです。

 

でも、このような制度があること、
それが、合法的な救済方法として存在していること。

 

そして4年間という長い期間を
1,000万円というお金をもらいながら療養できる制度があるということ

 

これは驚くばかりでした。

 

彼女もマニュアルどおりに手続きを行い、
現在は休職しています。

 

何と言っても金銭的な不安を持つことなく、
4年もの間、ゆっくり療養できることに彼女もすっかり安心しています。

 

野村さんのノウハウが書かれたこのマニュアルは、
彼女のような人を救うことができる内容なんです。

 

自分には関係ないなどと思わずに
苦しい毎日を我慢しているなら、
一度こちらのページを読んでみることをお薦めします。

 

1,000万の不労所得を得る方法⇒ 【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】

 

作者・野村正さんからのメッセージ

作者の野村正です。

 

「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」は、
多くの方にご購入いただき、また多くのお問い合わせを頂いております。

 

反応の大きさに少々戸惑っているところです。

 

このマニュアルを必要とされている方が
潜在的に多くいらっしゃることを示す事実なのだと思います。

 

うつ病は100万人、予備軍は500万人とも言われていますが、
昨今の社会情勢を考慮すると潜在的には、その数倍の可能性もあります。

 

職場

 

軽い症状で言えば、会社に行きたくない、起きることができない、
やる気がでない、なんとも言えない不安になることがあるなど、

 

ちょっと調子が悪いかな?程度で見落としてしまうようなことです。

 

このような状態になったときに
休んだり、サボったりできる人であれば良いのですが、
真面目で誠実な人ほど、無理をしてしまいます。

 

どんなに無理をしても会社は、あなたの人生を助けてはくれません。

 

会社の仕事でれば、あなたの代わりはいるかもしれませんが、
家族やご自身の人生に代わりはいません。

 

窓辺

 

退職、休職、失業などという言葉は、
とても後ろ向きのように思われるかも知れませんが、
前に向かって生きるための選択でもあります。

 

今はまだ大丈夫かもしれませんが、
明日は、もっと苦しい日になるかもしれません。

 

大丈夫だと思える時に
いざと言うときのための準備をしておくことが重要です。

 

このマニュアルは、必要なことだけ載せ、
不要なものはバッサリ切ってありますので、
とても読みやすくしてあります。

 

私の実務経験を活かして、最小限の内容にまとめたマニュアルです。

 

極端なことを言えば、
メールサポートのサービスを利用しなくても、
ご自身で年金の手続きまで進められるように
丁寧にマニュアルを作成しました。

 

メンタル不調で読み進めるその一歩が
なかなか踏み出せない方にはとても有用なものとなっております。

 

青空

 

もし分からないことがあれば、
メールサポートもありますので、ご安心いただけると思います。

 

もっとも、メールサポートを使わずともわかるように
心を込めて作成しました。

 

このマニュアルがあなた様の生活を支え、
ゆっくりと療養をする時間をご提供することを願ってやみません。

 

是非、この「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」を
ご活用いただき、明日への活力にしていただければ幸いです。

 

その背中をこのマニュアルが
ポンと押して差し上げることを願ってやみません。

 

野村正

 

公式サイトをチェックする⇒ 【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】

野村正【傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル】のまとめ

 

苦しいのに会社に行くんですか?
その会社があなたに何をしてくれますか?
あなたの代わりはいないのですか?

 

会社を休んだらクビ、
これからの生活が不安、
ムチ打って行くしか無い。

 

こんな生活が正常なわけがありません。

 

うつ病は、男女比でいうと「女性の方が多い」といわれている病気です。

 

女性の方が多い

 

確かに、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が減少すると、
うつ病になる直接の原因になることがあります。

 

男性憂うつ

 

では、男性はうつ病になりにくいのか?
実はそんなことはありません。

 

女性の場合、比較的周囲の友人たちに自分の不調を訴えることができたり、
まわりの友人たちも同調してくれて
「一度お医者さんに診てもらったら」とアドバイスをしてくれたりします。

 

その結果「うつ病」と診断される人が多いのですね。

 

一方、男性は、自分のメンタルの不調を隠して頑張りすぎてしまいます。
心療内科で診断してもらうことがないので
うつ病と診断されることもなく、数字には表れてこないんです。

 

その結果、どうなるか…

 

男性は「うつ病」の数は少ないものの、
「過労死」「自殺」が圧倒的に多くなってしまうのです。

 

うつむく男性

 

女性は、メンタルが不調だと感じたり、うつ病だと診断されたら
このマニュアルを手に入れて新しい生活をスタートさせてください。

 

そして男性は
なによりも不調を感じたら、一度お医者さんの診断を受けてみてください。
恥ずかしいことではありません。

 

そして、
治療に専念するためにより効率的にお金を手に入れる一つの方法がこちらです。

 

合法的に国の制度を利用して、
会社を休み、生活費を受給することができます。

 

条件に該当してある方であれば、
誰でも例外なく受給できるお金です。

 

どこかの企業が運営している制度でもなく、
国の制度として認められている法律に則ったものなのです。

 

そのため、このマニュアルを読み進めて
指示通りに手続きを行うだけで、この大金を受け取ることができます。

 

大金

 

これで生活費への不安は大きく減りますよね。

 

不安のない生活で療養すれば、
再スタートへの道は決して険しいものではありません。

 

少なくとも、辛いココロとカラダにムチを打って会社へ行くよりも
あなたの未来にとって前向きなことは言うまでもありません。

 

こちらの情報は、そんな方に役立つことでしょう

 

この「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」を使って、
充分なお金を手にしつつ、ゆっくりと心身を休めましょう。

 

こころの解放

 

この「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」ですが、
タイトルを見ればわかるように3部構成になっております。

 

個別に販売しているような商品もありますが、
それぞれ1万円から2万円ほどとなり、安いものとは思えません。

 

ひとつひとつ分けてもよいのですが、3つの制度は繋がりがあるため、
1つだけを申請するのは、もったいないと言う可能性があります。

 

それぞれの方で状況が異なりますので、
一概には言えませんが、1つを申請することになれば、
他の2つも可能性があるといえるわけです。

 

そのため、例えば「傷病手当金」だけをご存知で
その申請を目的とされている方でも
他の2つも可能性があるかも知れません。

 

その分、受給額も上がります。

 

もし、知らないで、傷病手当金だけで満足していたら、本当に勿体無いことです。

 

私のこの「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」では
それぞれの繋がりを解説し、かつわかりやすく丁寧に作成しました。

 

制度の知識がない方にも当然ですが、わかるように出来ております。

 

もし不明な点があったとしてもメールサポート等をご利用ください。

 

この「傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル」が
あなた様に大きな非課税の不労所得と、
療養をする時間をご提供することを願ってやみません。

 

 

1,000万の不労所得を得る方法⇒ 【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】